障害者差別解消法しょうがいしゃさべつかいしょうほう

障害しょうがい理由りゆうとする差別さべつ解消かいしょう推進すいしんかんする法律ほうりつ

 

平成へいせい28ねん4がつ1にちに「障害者差別解消法しょうがいしゃさべつかいしょうほう」が施行しこうされました。

この法律ほうりつしょうがいのある人もないひとも、たがいに、そのひとらしさをみといながらともきる社会しゃかいをつくることを目指めざしています。

 

 

法律ほうりつのポイント

 

不当ふとう差別的取扱さべつてきとりあつか』の禁止きんし

合理的配慮ごうりてきはいりょ提供ていきょう

不当ふとう差別的取扱さべつてきとりあつかい』の禁止きんしとは? 

しょうがいのあるひとたいして、くに都道府県とどうふけん市町村等しちょうそんなど役所やくしょや、会社かいしゃやお店等みせなど事業者じぎょうしゃが、正当せいとう理由りゆうなく、障害しょうがい理由りゆうとして差別さべつすることを禁止きんしすること。

 

(れい)

対応可能たいおうかのうであるにもかかわらず、福祉ふくしサービスの利用りよう拒否きょひすること

しょうがいがあることを理由りゆうに、物件ぶっけん紹介しょうかいしてもらえないこと  など

合理的配慮ごうりてきはいりょ提供ていきょう』とは?

 しょうがいのあるひとから、生活せいかつのしづらさをのぞくための対応たいおう必要ひつようとしている意思いしつたえられたときには、それを実施じっしすることが過重かじゅう負担ふたんでない場合ばあいは、その対応たいおうをすることがもとめられる。

 

(れい)

段差だんさのある場所ばしょにスロープを設置せっちする

しょうがい特性とくせいわせたかりやすい説明せつめいをする

 (手話しゅわ要約筆記ようやくひっき筆談ひつだん図解ずかい、ふりがな付文書つきぶんしょなど)   など

公的機関こうてききかん民間事業者みんかんじぎょうしゃ役割やくわりちが

  不当ふとう差別的取扱さべつてきとりあつか 合理的配慮ごうりてきはいりょ

くに行政機関ぎょうせいきかん

地方公共団体等ちほうこうきょうだんたいなど

禁止きんし 

法的義務ほうてきぎむ

(合理的配慮ごうりてきはいりょおこなわなければならない)

民間事業者みんかんじぎょうしゃ 禁止きんし

努力義務どりょくぎむ

(合理的配慮ごうりてきはいりょおこなうようにつとめなければならない)

 

障害者差別解消法しょうがいしゃさべつかいしょうほうについてのくわしい内容ないようやリーフレットは内閣府ないかくふHPに掲載けいさいされております。